完成までの流れ

良い仕事はきれいな現場から。みんなの心掛けです。

  • 1.ここから家造りが始まります。

  • 2.鉄筋の配筋工事

    図面に従って、職人さんが1本1本鉄筋を組んでいきます。

  • 3.基礎

    配筋工事が終わり、コンクリートが流され、ベタ基礎が完成しました。

  • 4.基礎が出来ると、次はいよいよ大工工事が始まります。

    テクノストラクチャー工法の特徴でもある、テクノ束が取付られています。

  • 5.断熱工事

    青いボードは、断熱材です。この上に合板が貼られ、その上にフローリングが貼られ床が完成します。

  • 6.上棟

    クレーンに吊られたテクノビームが取り付けられています。

  • 7.上棟

    大きく重い材なので、たくさんの大工さんの力が必要になります。

  • 8.上棟後

    室内の間柱・筋交いも入り、これからどんどん工事が進んでいきます。

  • 9.屋根工事

    上棟後、屋根工事も同時に進んでいきます。

  • 10.内装工事

    通気防水シートが張られると、内装工事が始まります。写真では、フローリングの施工を行っています。

  • 11.内装工事

    壁には断熱材が入り、その上には石膏ボードが貼られました。だんだん部屋らしくなってきました。

  • 12.クロス貼り

    フローリングが貼られ、建具なども取付られ、クロス貼りが始まります。写真では仕上がったクロスにでこぼこが出来ないよう、パテで目地を埋め表面を平らにしています。

  • 13.タイル貼り

    建物の本体工事もいよいよ最終段階に差し掛かり、玄関とポーチには磁器タイルが施工されています。

  • 14.内装完成

    クロス貼りが終わって、照明器具・カーテンが取付られました。これで内装は完成しました。

閉じる